紫外線の目への影響

*地球に到達する太陽光線は、大きく分けて紫外線、可視光線、赤外線に

分けられますが、そのうちの紫外線は、波長が短くエネルギーの高い光であり、

目には見えません。

 

*紫外線により日焼けを起こすことは有名ですが、目にも似たようなことが起こります。

黒目(角膜)に強い紫外線(特にUV-B)があたると、黒目の小さな細胞が剥げ落ちて

しまい、小さな傷が無数にできて、強い目の痛み、充血といった症状がでることがあり

ます。これを電気性眼炎(雪目)といいます。溶接時にでる紫外線や、ゲレンデで

反射した紫外線が目にあたって起こるケースが有名です。冬に紫外線?と思います

が、紫外線は標高が高い程増加する上に、地表面の種類によって反射率も違い、

新雪では、紫外線の反射率が砂浜や水面に比べかなり高い為のようです。

大概、目薬や眼軟膏、痛みどめ等の処方で、数日でよくなります。

 

*紫外線による目の障害は、上記以外に、白内障、翼状片、加齢黄斑変性、

まぶたの腫瘍等起こす事があります。そのため、外出時は、つば広の帽子を

着用したり、UVカット機能のついた眼鏡、サングラスを装用する等で日頃から

予防する事が大切だと思います。ちなみに、色が濃いサングラスだと、瞳が開き、

紫外線が目の中により多く入るため、色は薄い方が良いといわれています。

▲このページのトップに戻る