OCT(光干渉断層計):NIDEK社製RS3000

OCTとは、「Optical Coherence Tomography」の略で、光干渉断層計を意味します。

当院では、NIDEK社製RS3000を導入しています。

光干渉断層計(スペクトラルドメインOCT) RS-3000

 

すごく有能な器械で、赤外線を利用して、網膜の断面を画像化したり、

黄斑〜視神経乳頭付近の厚みを計測する事ができます。

また、神経や網膜を解析して、疾患の病状、進行具合を客観的に把握することができます。

 

*緑内障の検診、緑内障の経過観察、

(緑内障では、網膜内層(神経線維層等)の部分の厚みが薄くなっています。

 それを計測することができます。)

 

*網膜、特に黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑前膜、加齢黄斑変性、中心性漿液性

  網脈絡膜症、糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫、その他疾患…)に有用です。

 

「目の奥の網膜(黄斑)がむくんでいる(浮腫)。」 「目の奥の神経が薄くなっている。」

「目の奥の網膜(黄斑)に膜がはっている。」などといった事が、画像化できます。

お悩みの方、ご希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。

 

 

▲このページのトップに戻る