糖尿病網膜症について

*糖尿病は、血糖値が上がり、血液がドロドロになってしまう病気です。

そのため、全身的に様々な合併症を起こす事が知られていますが、そのうちの一つが

糖尿病網膜症です。

 

*糖尿病網膜症についてお話します。眼底には、薄い神経の網膜という膜があり、

ここで物を見たり、色や光を感じたりしています。網膜に対して酸素や栄養を送る

細かい血管が糖尿病によりダメージを受けて血管が詰まり血液の流れが悪くなって

しまうと、網膜が酸素不足・栄養不足の状態となります。この状態が続くと、新たな

血管(新生血管といいます。)が血液の通っていない網膜の領域に発生してきます。

しかし、この血管は非常に脆く、すぐに破裂してしまいます。そうした悪循環を繰り返し、

それらはやがて増殖膜となって、硝子体出血や網膜剥離を引き起こし、最悪の場合

は失明に至ってしまいます。

 

これらの状況を病期で分類すると、大きく3つの時期に分かれます。

 

@単純網膜症・・・血管から血液がしみだし、出血や毛細血管の瘤、硬性白斑等が

           見られます。自覚症状はありません。

 

A前増殖網膜症・・・網膜の血管が詰まってくる時期です。血管の蛇行・拡張が

           みられたり軟性白斑等見られます。新生血管が生えてくる一歩

           手前の段階で、一般的にレーザー加療を開始する時期です。

           但し、この時期でも、特に自覚症状が無い人の方が多いと思います。

 

B増殖網膜症・・・虚血になった網膜の領域に新生血管が生えてくる時期です。

           この頃になると、さすがに見えにくくなってきたという人が多いですが、

           既にかなり危険な状況です。手遅れになれば失明します。

           この時期になると、レーザー加療はもちろんですが、場合によっては

           硝子体手術を必要とするケースも多いと思います。

 

もちろん、どの病期にあっても、糖尿病のコントロールが必要であることは言うまでも

ありません。

 

*糖尿病が目に及ぼす影響は、網膜症以外にもいろいろあります。

白内障、角膜の障害、黄斑症(→物が歪んで見える)、ブドウ膜炎(→かすむ)、

屈折・調節の変化、血管新生緑内障(→眼圧が高くなる)、

外眼筋麻痺(→目が動かない) などが起こる事があります。

 

*糖尿病網膜症において、虚血になった網膜を放置すると、新生血管が生えてきて

網膜症はさらに悪化するため、網膜光凝固(ひかりぎょうこ)術を行います。

要はレーザーによる加療で、当院でも行っています。

但し、レーザーで網膜に凝固斑をつける(≒網膜のやけど状態)加療ですので、

レーザーをしたから視力がよくなるとか、網膜症が治るといったものではなく、網膜症を

これ以上進行させないように施行するのが目的です。多くは、レーザー後の視力は

レーザー前と変わらないか場合によっては低下します。また、レーザー後、暗く感じる

ようになったとおっしゃる方もおられます。しかし、長い目で見た時に、将来的に失明を

予防する治療としてきわめて重要なものです。

もちろん、レーザー加療をした後も、血糖のコントロールの管理は、引き続き重要です。

 

*糖尿病と言われたら、仮に自覚症状がなくても、眼科で定期的に眼底検査を

受けておく事はきわめて重要です。見えにくくなってから受診すると、すでに手遅れ

の事もありますし、仮に手術をして手術自体はうまくいったとしても、望むような

視力が得られない事が多いと思います。

 

糖尿病と言われたら・・・適切な時期に適切な加療を受けるために、仮に

自覚症状がなくても、定期的に眼科受診を続けて頂きたいと思います。

▲このページのトップに戻る